院内感染予防

徹底した滅菌処理。
武蔵小杉の新丸子デンタルクリニックは 院内感染対策にチカラを入れています。

感染予防対策について

現在、院内感染(ある患者様から他の患者様への感染)は医療の現場で無視できない大きな問題です。
歯科でも例外ではありません。特に感染力の強いB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルス等は完全に滅菌される必要がありますし、歯周病・虫歯は簡単に唾液を介して感染していきます。
武蔵小杉の新丸子デンタルクリニックでは、院内感染を防ぎ皆様に安心・安全な歯科医療を提供するために、消毒・滅菌は当然のこととし、その他にも色々な対策を講じています。

治療器器具の殺菌処理

良い治療にウイルス・病原菌は大敵です。
新丸子デンタルクリニックでは徹底した感染対策を行っております。

当院での代表的な感染対策をご紹介します

治療で使う器具は、最新の高圧蒸気殺菌装置で殺菌しております。141度になると感染症のB型肝炎、C型肝炎ウイルスなど全ての微生物を死滅させることが出来ます。

 

殺菌処理後、滅菌保存パックに入れて保存します。血液に触れる外科器具はもちろんの事、ミラー等の基本的な器具も使用する直前で開封します。

 

虫歯を削るバーも患者様ごとに全て滅菌しております。

その他の感染予防対策

ディスポーザブル

紙コップ・エプロン等は使い捨てにして、患者様ごとに新しい物と取り替えています。グローブもコストはかかりますが一人ずつ交換しております。

空気清浄機

常時、空気清浄機によるエアークリーニングを行っております。空気中の細かいホコリやアレルギー物質、ウイルス等を取り除き診療室内の空気を清潔に保っています。

""