義歯・入れ歯

最先端の入れ歯はここまで進んでいる!

目立たない工夫

武蔵小杉の新丸子デンタルクリニックでは、入れ歯にかける針金を見えなくした入れ歯を採用しています。
銀のバネを使用していないので、義歯の装置を気付かれにくいため喜ばれています。すべてのケースで使えるものではありませんが、密着感が高く、壊れにくい等おすすめできないポイントも多いです。

薄い材料でつくる

入れ歯の厚みが気になる患者様は多いです。口の中は大変敏感ですので、食事や発音は苦労されています。
そこで、強度のある「チタン」「ヨバルトクロム」という金属を用いて薄くて頑丈な構造にして、それらの不満点を解消しています。

食べ物の温もりを感じられる材料でつくる

食べ物の温もり、冷たさは味覚に大きな影響を与えます。
このため、食事がおいしく感じられないとおっしゃられる方も多くいらっしゃいます。金属を使用した入れ歯ですと、今までよりおいしく食事をとることができるようになります。

顎の形に合った精密な義歯設計

合う入れ歯を創るため、最も重要なのは精密な設計と適合の良さです。保険外の入れ歯では可能な限り、違和感を少なくすること、力のバランスをとってバネをかける歯の寿命を伸ばすこと、清潔さを保つ配慮などが可能となり、快適かつ残存歯の保護をすることができる入れ歯が作れます。
保健の入れ歯では、入れ歯のバネが掛かっている歯を次々に欠ってしまうケースも良く見られますが、保険外の入れ歯ではそのリスクを大幅に抑えることができます。

下の入れ歯の安定をさせる

顎の骨が極端に吸収してしまった患者様の場合、どのような材料の義歯を作っても安定させることができないことがあります。
そのようなケースでは、2~4本のミニインプラントを埋入させて頂き、入れ歯をしっかり安定させることができます。

アメリカ、カナダでは下の総入れ歯の方のかなりの多くの方が恩恵にあずかっています。下の入れ歯でお困りの方は、とてもよい結果が出ますので、是非武蔵小杉の当院「新丸子デンタルクリニック」までご相談ください。

""