歯並び・矯正

”歯”にも”ヒト”にも優しい矯正治療

「世界水準」の矯正治療をリーズナブルな価格で

矯正治療は、歯並びをよくして審美性を高めるのみならず、お口の中の話で言うと、虫歯や歯周病になりにくくなったり、歯に極端な加重がかかってしまい折れてしまうことを防止することが期待できます。さらに全身の健康にも大きくプラスの影響を与える場合が多いのですが、高額な治療費がハードルになっている方も多いと思います。
武蔵小杉の新丸子デンタルクリックでは、虫歯治療、歯周病と共に口腔内を守るためにより多くの患者様に矯正治療を受けて頂きたいと思っています。そのため、相場と比較してリーズナブルな費用の設定となっております。

素材相場当院価格差
80万円~ 60万円~ -20万円
120万円~ 100万円~ -20万円

最新の矯正治療は短期間で歯並びを治せます

最新の治療では、従来の矯正のイメージとは違い格段の進歩を遂げています。
歯の移動は、進化した現在の手法ですとより早くスムーズに動きますので、早く仕上げたい患者様のニーズにお応えできるようになりました。
裏側矯正やマウスピース矯正のように、見た目も配慮された方法も多数ご用意がありますので、是非ご相談にいらしてください。

以前の矯正治療
  • 矯正装置が目立つ
  • 長期間かかる
  • 歯を抜かなければならない
最新の治療方法
  • 目立たない白い装置
  • 裏側に装置をつける
  • 今までより歯が動くスピードが早い装置
  • インプラントアンカーを用い、期間短縮
  • 装置をつけずマウスピース矯正

歯並びのお悩み別のご紹介

矯正治療が必要な歯並びのケースをご紹介します

出っ歯

上の前歯が下の歯より大きいために、前に出てしまっている歯並びです。

開咬

奥歯だけが噛んでいるけど、前歯が噛んでいないケースを開咬といいます。見た目の問題だけではなく、正しい発音や前歯での食事がとれません。比較的難しいケースが多く、治療期間は長くなりがちです。

受け口

下の歯が上の歯の前に出てしまっているケースで反対咬合といいます。外見もしゃくれた感じになります。

叢生(そうせい)

歯が様々な角度で生えてしまっている歯並びです。
見た目の問題だけではなく、虫歯や歯周病の原因になります。

正中離開

真ん中の歯と歯に隙間があるケースです。発音不良となったり、虫歯・歯周病の原因となることがあります。

見えない矯正治療「インビザライン」「裏側矯正」

現在、見えない矯正を希望される方が増えています。武蔵小杉の新丸子デンタルクリニックでは、「インビザライン」「裏側矯正」を積極的に取り入れ、多くの患者様に施術してきました。各々特徴がありますのでご紹介します。

見えない矯正 「インビザライン」

今までのワイヤーを使った歯科矯正と違って、マウスピースを使用します。装着していることは気づかれないので、ワイヤーに抵抗があって、矯正治療に踏み切れなかった方におすすめします。

メリット
  • 透明のマウスピースなので周囲に気づかれない
  • 痛みが少ない
  • 通院回数が少ないことが多い
  • 歯へのダメージが少ない
  • 素材が薄いので、違和感が少ない
  • ワイヤーを使用するケースに比べて衛生的
デメリット
  • 1日の装着時間が20時間以上必要
  • 重度のケースでは困難なことがある

見えない矯正 「裏側矯正」

歯の裏側に装置やワイヤーをつける方法です。人に全く気付かれずに矯正することができます。

メリット
  • 歯列矯正をしていることを気付かれない
  • 表面の矯正と比べて虫歯になりにくい
デメリット
  • 歯の裏側に装置がつくので、違和感が出やすい
  • 表面の矯正と比べて期間がかかる
  • 期間が長くなりやすい

最新の「インプラント矯正」で治療期間を短縮させる

現在では矯正用のミニインプラントを使用して、治療期間を短縮させることができます。特に上方に出っぱってしまった歯を埋める「圧下」は、ミニインプラントを使用するのに適しています。
通常のインプラントの様に外科手術は必要ないので安心してください。矯正終了後には、ミニインプラントを除去します。

歯を抜かないで矯正するか?抜いて矯正するか?

「歯を抜かないで矯正治療できますか?」とのご質問をよくいただきます。歯は唯一無二のものですし、1本の歯の大事さを最も理解している我々も1本も抜きたくない気持ちです。
しかし残念ながら、大人の矯正治療においては「歯を抜かない」ことが必ず「良い結果」に結びつきません
その理由についてお話しいたします。

例えてお話しすると、3人掛けのベンチに4人が座ろうとするとしてはみ出している状態です。小学2年生までであれば、成長力を手助けして顎の大きさをコントロールすることで、歯を抜かない矯正治療をすすめることができます。これはつまり、ベンチを広げて4人掛けにしているわけです。
しかし、それより大きくなるとベンチを広げることが困難となります。大人の場合は全く不可能です。そのため、3人掛けのベンチに無理なく座ろうとすると3人にならなければいけません。つまり1人(1本)抜歯が必要なケースが多くなるのです。
実は、矯正歯科医の無謀な治療により、無理矢理4人が座ろうとしてもキレイに並べないだけではなく、ベンチ(顎の骨)自体が壊れてしまってとり返しがつかなくなっているかわいそうな患者さんも多数みかけます。

必ずしも抜歯しなくてはならないわけではなく、医学的根拠に基づいた検査・診断をしたうえで、抜歯をするケースか否かは決まりますので、診断の結果、抜歯が必要なケースも多くあります。
このように抜歯するのか否かは、実際にお口の中を見させていただいて検査後に診断しますので、現時点で「非抜歯の矯正治療できます」と謳うことはできないのです。
武蔵小杉の新丸子デンタルクリニックでは、矯正治療後の状態を永く維持できることが大切だと考えていますので、患者様それぞれに合った無理矢理のないプランをご提案させていただいております。

""