審美歯科

審美歯科とは

自然な白い歯を取り戻すための治療です。
セラミックによる白い詰め物や被せ物、ラミネートベニア法などの審美歯科メニューをそろえています。

セラミックインレー

ポーセレンインレーとも呼ばれ、100%セラミック(陶器)により歯の形に作り上げた詰め物です。

陶器のため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を持続することができます。

ハイブリッドインレー

「ハイブリッド」とは70%の無機ガラス(超微粒子フィラー)と30%の有機ガラス(高密度架橋活性材料)の細かい粒子から出来ていて、保険治療のレジン素材(合成樹脂)とセラミックのちょうど間の素材と考えていただくと良いかと思います。

ハイブリッドセラミックスは、色が変わりずらく、すり減りづらい長所を持っているため奥歯にも使え、かつ色調も自由に選べますので審美的にも優れている新しい素材です。

保険でできるコンポジットレジンでも、白い歯にする修復は可能ですが、色調が自由で審美性にすぐれている反面、色が時間と共に変色したり、磨耗が激しかったりするという欠点があります。長期的にみると奥歯には使用しづらかったのが現状です。

ラミネートベニア

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。

ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、治療後の変色や着色もほとんどありません。

オールセラミッククラウン

内側から外側まで全てセラミックで出来たクラウンです。

冠の内側に金属を使わないので、自然な光を透過する優れた美しさ(透明感)があり、金属アレルギーの方に最適です。

歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できます。

人工ダイヤモンド素材のジルコニアセラミックや、最近話題のセラミックシステム「e.max(イーマックス)」による丈夫でキレイなセラミック素材を使用し、オールセラミッククラウンによる修復を行っています。

 

ジルコニア・オールセラミッククラウン

ジルコニアは腐食にも強く、体ともよく馴染むことから医療分野でも広く使われ、歯科の審美性の高い治療の素材としても注目を集めています。オールセラミックスにジルコニアを使用することで、従来のセラミックでの強度の心配がなくなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなど使用範囲が大幅に広まりました。

・ジルコニア(二酸化ジルコニウム、化学式:ZrO2)はジルコニウムの酸化物です。
・セラミックの中では最も強度や耐熱性が高いと言われています。
・人工ダイヤモンド、スペースシャトルにも使われています。


歯の型をとるまでは、今までのオールセラミックの治療法となんらかわりません。しかし、「白い金属」と言われているジルコニアは、ここから患者さんにとって魅力的な能力を発揮していきます。

【ジルコニアの利点】
・通常のオールセラミックより透明度が高い
・金属よりも硬い丈夫である
金属アレルギーが生じない材料である
変色のない材料である
・通常のセラミック処置より歯を削らずにすむ場合がある
奥歯でも使用が可能である

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

 

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

""